トレーニングによる体重の変化

トレーニングによる体重の変化

ダイエットや健康が目的で筋トレに取り組みたい方も多いはずです。迷惑なだけの脂肪を減らすトレーニングに、筋トレは効果的です。頑張ってカラダを動かして、筋肉を鍛えて、その先にある体重計の数字が減っていること望むでしょう。

 

気持ちが先走って、ついつい筋トレ直後に体重を測ろうとしてしまうかもしれません。

 

もしかしたらグラム単位で体重は減っているかもしれませんが、残念ながらあまり意味のあることではないので、楽しむだけにしてくださいね。

 

とにかく継続していくことで体重が減っていきます。

 

ただ、体重が減ることに間違いはないのですが、場合によっては、あなたが筋トレを開始したときになぜか、

 

「どうして?体重が増えている?」

 

という現象が起こることも考えられます。トレーニングを必死に行っている。汗かいてる。筋肉がついてきてカラダが引き締まったように見えるのに、なぜか体重が増加している。

 

「自分の都合の良いように鏡を見ているのか?」

 

と筋トレの効果に疑問を持たれるかもしれません。

 

ダイエットのわかりやすい目標として、体重計の数字を減らすことが成功と失敗の分かれ目ではないでしょうか。体重計の示す数字が減っていればよし、増えていれば・・・と。

 

筋トレをしているのは体重の減少が目的。それなのに、頑張っている期間に体重計の数字が増加していると不安になるものです。「気がつかないうちに食いすぎているのか?それともこれでもトレーニングが足りないのか?それとも・・・?」と迷ってしまうはずです。

 

あれこれ考えてしまうと、せっかく正しい方法で脂肪と闘っているのに、へんな方向転換をしてしまう可能性があります。そうなると回り道、あるいは目標達成のためには不適切な方法をとってしまうかもしれません。

 

そこで、筋トレと体重の増減についてお伝えします。

 

頑張れば頑張るほど、体重が増える。ですが・・・

筋トレをするとカラダの変化を感じ始めた頃に、体重が増えることがあります。

 

これは事実です。「なんだ、筋トレとダイエットは関係ないのか・・・」と思われたかもしれませんが、ちょっと待ってください。体重が増える、と知っただけでダイエット効果がないと決めるのは早計です。

 

むしろこれは喜ばしい変化でありまして、順調なダイエットのスタートが始まった証なのです。

 

簡単な話なのですが、筋トレをすることで筋肉が大きくなります。その筋量アップした分だけ体重計にも影響が出るのです。だから体重は増えます。

 

脂肪が減り出すのは筋肉が大きくなりだした後です。筋量が増えたことで基礎代謝量も増えます。そして脂肪が燃焼しやすい体質になり、脂肪が落ちていきます。

 

筋トレ初期の頃は筋量増加に伴い体重が増えます。その筋量を維持、あるいはさらに筋肥大させている間に、どんどん脂肪が燃やされ減少していくのです。

 

筋トレのみを行ってダイエットに取り組んだ場合、体重は一旦増えてから、その後減少していく傾向にあります。筋肉が変化を感じるほどに大きくなり始めるには2、3ヶ月ほどかかります。ですので、脂肪が特に加速して落ちていくのはそれ以降になるでしょう。

 

有酸素運動だけが脂肪を落とすわけではないのです。筋トレの場合はちょっと特殊な体重の変化があると意識しておいてください。

 

筋トレのような無酸素運動だと脂肪を落とすのに時間がかかるかもしれませんが、筋量さえ維持していれば、寝っ転がっていても永続的に効率良く脂肪を燃焼させることができます。

 

ランニングのような有酸素運動だと、やった分だけ脂肪を落としやすいです。割とすぐに効果が出ます。ただ、動かない日はカラダに何の影響もありません。それだけが残念なポイントです。

 

運動の種類で効果に違いがあります。ただ、腹筋をするなり、走りに出るなり、どちらも素晴らしい行動なので、あなたに合った方法を優先させればいいと思います(両方併せて行えばもっと素晴らしいです)。

 

筋トレを行って体重が増えていれば良い兆候です。悲観せずに続けてくださいね。普段、運動不足になりがちで筋量が少ない人は脂肪減少効果をより感じられるでしょう。

 

体重計に惑わされない

一番大事なことは、体重計の数字ではなく、見た目の脂肪量です。

 

数字で測った体重なんて、どんな質によって数字が決定しているのかまではよくわかりません。一見するとそれほど体重が多いわけではなくても、下腹にお肉がぷよぷよと集まっていればやはり引き締まっているとはいえません。両手いっぱいにつかめるお腹が健康的とも美的に優れているとも思えません。

 

ダイエットにしても、健康に関しても、害があるのは脂肪そのものです。体重計の数字ではありません。目安としてはよいですが、それがすべてだと思うのはよくありません。

 

トレーニングを行って、実際にカラダが感じる感覚、鏡の前での自分の姿、そういった五感で感じ取る変化も重要です。

 

体重の変化だけに一喜一憂することなく、本当のところ自分のカラダはどのように変わっていっているのか?変化を確認しながら筋トレを励んでください。そうすることで、より気分良く頑張ることもできます。

 

トップページへ戻る

スポンサードリンク

こちらの関連ページもご覧ください

筋トレしてから有酸素運動をすると効率良く脂肪を減らせる
痩せてカラダを引き締めるには有酸素運動が効果的なのはだれも知っていることです。ですが、ただ有酸素運動”だけ”を行うことは非効率です。筋トレをセットにすることでより意味のある脂肪減少効果を発揮します。素早く成果を出したいならば有酸素運動だけではいけません。
筋肉つければ本当に脂肪が減るのか
筋肉をつけると基礎代謝量が増え、脂肪が減る、だから痩せる、ということは良く聞くことだと思います。もちろん合っています。ただ、その効果を実感できない人は多いでしょう。それはそうです。筋量が増えてもあまり基礎代謝量は上がらないからです。ですが、それでも筋肉をつけることで脂肪が減りやすいことに変わりはありません。
食事抜きでは太ります
脂肪を落として痩せるには、食事抜きではいけません。食べることで、良いスタイルが維持できます。食事せず、では筋肉を失うだけで脂肪を減らすには非効率です。筋トレをするのに、空腹で挑むのもいけません。カラダを動かすためのエネルギーを前もって取り入れておかなくては、効率良いトレーニングになりません。

 
トップページ まずはこちら 自体重筋トレ 参考メニュー