筋トレしてから有酸素運動をすると効率良く脂肪を減らせる

筋トレしてから有酸素運動をすると効率良く脂肪を減らせる

有酸素運動にだけ時間を取るのはもったいない

脂肪を減らすには有酸素運動です。それは間違いありません。脂肪を分解するためには酸素が必要で、呼吸量が多くなる有酸素運動は効果的な方法です。ですが、それだけしかやらないのはちょっともったいないと思います。

 

なぜなら、運動を開始してすぐ脂肪が燃焼しだすわけではないからです。

 

脂肪を分解するには少なくても20分ほどの運動が必要なのです。たとえばランニングをしたとして、20分以内で終わってしまうと効果が弱いです。それ以上の時間、運動を続けてはじめて脂肪が大きく燃やされます。

 

1時間ぐらい有酸素運動をしたとして、20分ほどは大きな効果がないのです。これはちょっと時間がおしいと思いませんか?

 

そこで脂肪を落とすために効果的な運動は「筋トレ+有酸素運動」です。

 

筋トレの意外な痩せ効果

筋トレを行うと、脳の下垂体から成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンが脂肪を落とすのに大きな効果を発揮してくれるのです。

 

成長ホルモンには脂肪の分解を促進する働きがあります。中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解する酵素の力を高め、その結果脂肪が減っていきます。しかも、成長ホルモンが分泌してから6時間ほどは脂肪分解作用が高まっています。

 

この成長ホルモンは有酸素運動だけでは分泌されません。筋肉に刺激が加わって始めて出てきます。

 

筋トレは意外なことに、脂肪を減らして痩せるためにも効果があるのです。

 

筋トレを行ってから有酸素運動

そこで脂肪を落とすために効率的なトレーニング方法は、筋トレをして脂肪燃焼作用がある成長ホルモンを分泌させて、それから脂肪が燃えやすい有酸素運動を行う、という方法です。

 

有酸素運動だけではすぐには脂肪が消費されないのですから、まずは筋トレをして成長ホルモンを出して、脂肪が燃焼しやすい状態になるのが効率的です。時間を無駄にせずカラダを絞れます。

 

有酸素運動だけで脂肪を落とすのはツライです。”動いたときしか脂肪が落ない”ということは、毎日走り続けなくてはいけません。休んだ日があればカラダの変化が滞ります。効果的なのはわかりますが、一息入れる日がないのは大変です。

 

筋トレも継続していかないと意味がないのですが、それでも毎日頑張る必要はありません。しかも、筋量が増えれば安静時の基礎代謝量も増えるのですから、痩せやすい体質になります。

 

筋トレを行って筋肉をつけ、それから走りに行くのが健康的で引き締まったカラダにするための近道です。

 

トップページへ戻る

スポンサードリンク

こちらの関連ページもご覧ください

筋肉つければ本当に脂肪が減るのか
筋肉をつけると基礎代謝量が増え、脂肪が減る、だから痩せる、ということは良く聞くことだと思います。もちろん合っています。ただ、その効果を実感できない人は多いでしょう。それはそうです。筋量が増えてもあまり基礎代謝量は上がらないからです。ですが、それでも筋肉をつけることで脂肪が減りやすいことに変わりはありません。
トレーニングによる体重の変化
筋トレをしている目的にダイエットとして、脂肪を減らすことを目標にしている方はおられると思います。そしてその目標達成のわかりやすい目安として、体重の変動を気にかけるはずです。体重が減っていれば成功、そうでないなら上手くいっていない、と。ですが、なぜか体重が増えていることもあるものです。どうして体重が増加してしまうのか?筋トレはダイエットにならないのか?
食事抜きでは太ります
脂肪を落として痩せるには、食事抜きではいけません。食べることで、良いスタイルが維持できます。食事せず、では筋肉を失うだけで脂肪を減らすには非効率です。筋トレをするのに、空腹で挑むのもいけません。カラダを動かすためのエネルギーを前もって取り入れておかなくては、効率良いトレーニングになりません。

 
トップページ まずはこちら 自体重筋トレ 参考メニュー